chigasaki-cci



容器リサイクル法

「容器リサイクル法」って何?


◆ごみの60%は「容器」と「包装」

 わが国では、年間5,110万トン(平成8年度)ものごみが家庭から排出されています。
そのうち「容器包装廃棄物」は容積比で約60%もの割合を占めています。このため、関係者が協力して、 容器包装の減量化やリサイクルを進めることが重要となっています。


◆「容器包装リサイクル法」とは

 こうした「容器包装廃棄物」を「資源」へとよみがえらせるために、平成9年4月「容器包装リサイクル法」が スタートしました。
 この法律のポイントは、すべての人々に明確な役割を担ってもらうことで、効率の良いリサイクルシステムを 創り出すことにあります。
正式名称 容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律


◆容器包装リサイクルのしくみ

特定事業者 @「容器」「包装」を利用して中身を販売する事業者
A「容器」を製造する事業者
B「容器」および「容器」「包装」が付いた商品を輸入して販売する事業者
消費者
(分別排出)
リサイクルは、消費者一人ひとりのマナーと思いやりからスタートします。市町村ごとに定めている「排出ルール」を遵守してください。また、簡易包装の商品を選択する、リターナブル容器を積極的に使うなど、皆さんのご理解と協力によって、リサイクルはその大切な第1歩を踏み出すことができます。
市町村
(分別収集)
市町村の役割は、@容器・包装の収集・分別・洗浄などを行い、法律に定められた「分別基準」に適合させること、A適切な保管施設に保管すること、です。@Aをクリアした廃棄物を「分別基準適合物」と呼びます。指定法人と引取契約を結んだ市町村の分別基準適合物は、指定法人によって引き取られ、さらに次のステップへと進みます。
再商品化事業者 分別基準適合物を運搬・再生加工し、新たな「資源」へと生まれ変わらせるリサイクル事業者
指定法人 主務5省(財務・厚生労働・農林水産・経済産業・環境)が定める指定法人((財)日本容器包装リサイクル協会)。
分別基準適合物のリサイクル(再商品化)をスムーズかつ的確に進めます。


 特定事業者って何?
 容器包装って何?
 リサイクルの義務をどう果たす?


back

茅ケ崎商工会議所トップページへ




The Chigasaki Chamber of Commerce & Industry
茅ヶ崎市新栄町13−29
TEL 0467-58-1111 FAX 0467-86-6601