chigasaki-cci



容器リサイクル法

事業者にはリサイクルの義務があります。

 日常業務の中で、@「容器」「包装」を利用して中身を販売する。A「容器」を製造等する。B「容器」および「容器」「包装」が付いた商品を輸入して販売する 中小規模以上の事業者の方々は、原則として、容器包装リサイクル方に定められた「特定事業者」になり、リサイクルの義務を負います。
 ただし、以下の要件にあたる小規模事業者については、対象になりません。


小規模事業者(義務対象外)とは
業 種売上高従業員
製造業等2億4,000万円以下かつ 20名以下
卸・小売・サービス業7,000万円以下かつ 5名以下
※「売上高」・「従業員」の両方の条件を満たす場合のみ、義務対象外となります。


特定事業者の典型的な5つのケース

容器・包装を利用する
中身製造業者
食品・清涼飲料・酒類・石けん・塗料・医薬品・化粧品などの製造者は、まず該当します。

容器製造業者
びん・PETボトル・紙箱・袋などの製造者は、まず該当します。

小売・卸売業者
商品を販売する際に容器・包装を利用する方々も対象になります。

輸入業者
1.容器の輸入
2.容器・包装が付いた商品の輸入
3.輸入後に付ける場合
なども対象です。

学校法人・宗教法人
テイクアウトができる飲食店など
こうしたケースも意外に見落とされがちですが、該当する可能性があります。


 「容器リサイクル法」って何?
 容器包装って何?
 リサイクルの義務をどう果たす?


back




The Chigasaki Chamber of Commerce & Industry
茅ヶ崎市新栄町13−29
TEL 0467-58-1111 FAX 0467-86-6601