浜降祭合同祭典
 浜降祭の起源については、諸説がありますが、古老のみなさんの話をまとめてみると、次のような説に集約されます。

 今から170年ほど前の天保9年(1838)、寒川神社の神輿が、例年春に行われる国府祭(こうのまち)【大磯町国府本郷】に渡御した帰途、相模川の渡し場で寒川の氏子と地元の氏子が争いを起こし、川に落ちて行方不明になってしまいました。その数日後、南湖の網元である孫七さんが漁の最中にこのご神体を発見し、寒川神社に届けたことを契機に、毎年同神社の神輿が、そのお礼のため南湖の浜に赴き、「禊(みそぎ)」をするようになったと言い伝えられています。

 一方、江戸時代後期に幕府がまとめた『新編相模国風土記稿』によると、鶴嶺八幡宮では、寒川神社のお礼参りよりずっと古い時代から、心身の罪やけがれを清める「みそぎ」の神事を行うため、毎年、浜辺への渡御が行われていたとあります。

 このように両神社の伝承は、古くから語り継がれ、それが後世になって合体して定着し、その後明治9年(1876)にこれまで旧暦の6月29日に行われていた「みそぎ」神事を新暦の7月15日と定め、名称も”浜降祭”と呼ばれるようになりました。また、平成9年(1997)には、例祭日を7月20日に変更しましたが、祝日の改正に伴い平成16年からは7月海の日(第3月曜日)に例祭日が再度変更しました。

豆知識
その1 神輿が海に入る「みそぎ」は、午前4時頃〜7時の入場時と式典終了後の8時以降。
式典がはじまると帰られる方がいますが、まとまった神輿が海に入るのを見るには、お発ち(式典後一斉に神輿が動き出す)の後の8時過ぎがお薦めです。海の状況により、入らない時もあります。
その2 「どっこい、どっこい」という掛け声は、相州神輿独特なもの。
掛け声だけではなく、神輿を担ぐ時に歌われる「茅ヶ崎甚句」が聞けることもあります。
その3 神社によって神輿の担ぎ方が違うのでそれを見比べるのも面白い。
その4 神社を出発する前に暗がりの中で幻想的に行われる「宮出し」も一見の価値あり。

浜降祭関連リンク
神奈川県文化財情報のページ
茅ヶ崎市のページ
茅ヶ崎市観光協会のページ
寒川神社のページ
HAMAORI FESTIVAL

危険防止・安全対策のため、小型無人機
「ドローン」などの使用(飛行)を禁止いたします。
ご協力よろしくお願いします。
神奈川県無形民俗文化財指定(昭和53年)
かながわの民俗芸能50選(昭和57年)
国土交通省 関東運輸局後援(平成23年)

茅ヶ崎海岸浜降祭保存会