chigasaki-cci

第7回(平成22年)デジタルフォトコンテスト
〜受賞作品〜


 茅ヶ崎商工会議所商業部会では、茅ヶ崎市の観光のPR、商業の活性化に役立てるため、デジタルフォトコンテストを開催しました。
 今回は、茅ヶ崎市内外の方から、101作品の応募がありました。
 このページでは、厳正な審査を経て選ばれた入賞作品をご覧いただきます。

写真はサイズを縮小して掲載しております。

<審査員講評>

 デジタル写真コンテストも第7回を迎え101点もの力作が応募されました。多数のご応募に感謝申し上げます。
 審査会では、“茅ヶ崎らしさ”が表現された作品を基準に審査、投票が行われました。
 会頭賞には、逆光によるハイライトを生かし、燦々と降り注ぐ太陽の光によって浮き上がるサザンCと人物を切り撮った、茅ヶ崎在住の福岡肇さんの「願掛け」が、茅ヶ崎の新しいイメージとして最多得点で選ばれました。
 また、準大賞には、夜明けのけあらしにより幻想的なモノトーンで"烏帽子岩と漁船”を切り撮った福岡肇さんの「金色に輝くケアラシ」と同じ方の作品が選ばれました。会頭賞・準大賞をとられるのは、 コンテスト始まって以来ですが、今回は福岡さんの感性と作画意図を明確にしたシャッターチャンス狙いに得票が集まりました。
 もうひとつの準大賞に輝いたのは、茅ヶ崎在住、東正輝さんの富士山を背景に活気ある浜降祭の光景を切り撮った「浜降祭」が入選しました。類似作品の応募もあったのですが、計算された構図とシャッターチャンスで 東さんに軍配があがりました。
 第7回を審査させていただくにあたり、写真が訴える活気・安らぎ・力強さを表現された、高レベルの作品の応募も増え、当コンテストに対する評価もようやく市民権を得られた事に、 感謝と作者の方々に敬意を表させていただきます。
 今回より、応募テーマを「茅ヶ崎らしい商店や商店街の風景、まちなかで見つけた面白い光景、茅ヶ崎の自然、動物や人とのふれあい」とさせていただいたのですが、風景写真の応募が多かったのが少々残念でした。
 次回は、茅ヶ崎ならではの光景・ふれあい・出来事などにカメラを向けて頂けることを楽しみにさせて頂きます。 


プロカメラマン 川口 敏行
川口写真事務所ホームページ
http://www.shonan-windy.com/kawaguchi





『願掛け』
福岡 肇さん


『金色に輝くケアラシ』
福岡 肇さん
『浜降祭』
東 正輝さん



『ベルブリッジー静けさ』
原 誠さん
『秋の散策』
城田 幸彦さん



さくら、咲く』
三橋 嘉之さん
『自然と人工美の調和』
宍戸 朋世さん

『風に向かって』
松山 進さん
『小出川沿いの河津桜』
細藤 敏幸さん



『淡雪に彩られた海岸』
伊藤 道郎さん
『桜のトンネル』
廣田 耕治さん



『月光で浮かぶ、白い烏帽子
新倉 篤史さん
『潮風に乗って走ろう』
三山 静雄さん



『湘南逆さ富士』
ニギヒコさん
『茅ヶ崎っ子の熱き祭り』
丸林 みどりさん



『波』
乗本 治男さん
『新春のTシャツ アート展』
市橋 淳熙、さん



『光る海に遊ぶサーファー』
石川 建夫さん
『海に向かって(駅前歩道橋)エメロウドを
駅前広場に集まり海に向かう』

石川 良雄さん



『サーフィン帰り』
児玉 信弘さん
えぼしを照らす
三上 和義さん



『引き潮』
井川 順三さん
『秋の里山』
吉谷 陽子さん



『夏の朝』
宮嶋 武二さん
『二人のエメロード』
泉谷 潤一さん

『祭』
田中 静子さん
『水遊びが一番』
廣田 耕治さん

『岸辺に春の訪れ』
江頭 智子さん
『大岡祭』
鹿嶌 清人さん


たくさんのご応募、ありがとうございました!!





back

茅ケ崎商工会議所トップページへ




The Chigasaki Chamber of Commerce & Industry
茅ヶ崎市新栄町13−29
TEL 0467-58-1111 FAX 0467-86-6601